GARDEN DESIGN OFFICE 『Clumjure』 "Crumjure" We will propose a special garden and exterior of the only one in the world.

芝はお手入れしないとどうなる?

0

    西日本はまだ梅雨入りしていないようで、

    ここのところ爽やかな(結構暑い)良いお天気が続いています。

     

    こんな日には広い芝生の庭に出て、初夏の風を感じるのが素敵な過ごし方ではないでしょうか・・!

     

    さて「庭と言えば芝生」というイメージもあるかもしれません。

    クランジュールでもほとんどのお客様のお庭で、敷く面積の差はありますが芝生を使っています。

     

    ですが、芝生は管理が大変だから使わないでください、というお客様も時々いらっしゃいます。

    今日は実際の芝生のお手入れ事情はどうなのか、実例を挙げてご紹介しますね。

     

    こちらの芝生の写真↓

    こちらは、芝生を植えてから一度もお手入れをしていない芝生です。

    その間約4年ほど。

    緑は緑ですがまだらの状態で、あとは白っぽい枯れた芝生が混ざっているような。

    芝生と言えばツンツン立っているのが普通ですが、こちらはペタっと寝てしまっています。

    これは、芝の根元にサッチと呼ばれる枯れた芝が堆積している状態で、

    芝生の成長を阻害してしてしまう上に、見た目もよくありません。

     

    このサッチを、レーキで掃除していきます。

    なんと・・こんなにサッチが・・!

     

    サッチを取り除くと、ぺったりと寝てしまっていた芝生が立ち上がりました。

    と同時に、今まで見えなかった地面も見えるようになりました。

     

     

    その差は一目瞭然ですね〜

     

     

    実は、サッチを取り除かない状態で「芝生の元気がないわ〜」と水や肥料をたくさんあげても、肝心の根元に届かず効果がありません。

    芝生が休眠から目覚める冬の終わり頃にサッチ掃除(サッチング)をすることで、芝生の風通し、水通しが良くなり、元気な芝生が育ちます。

     

    ここまでを読んで、やっぱり芝生って大変そうだな〜 と思われる方もいるかもしれませんが・・!

     

    しょっちゅうやる必要はありません。ワンシーズンに1〜2回でいいんです。

    そうすることで密度の高い芝生になり、雑草も生えにくくなることで逆に庭のお手入れが楽になるのです。

     

    実際にここの芝生のお庭も、芝は元気はないけれど雑草はたくさん生えて困っていました。

    さすがに4年はちょっと放置しすぎですが^^

    今回お掃除したことで芝も元気を取り戻すことでしょう。

     

     

     


    庭は生き物

    0

       

       

      令和のはじまりはすでに夏のような日差しと気温。

       

      そんな初夏の日差しにも負けず、クランジュールの事務所の前の敷地では今、ヒメイワダレソウの花が咲きそろっています。

      白とピンクの小さな花で、カスミ草に似ているかわいい花です。

       

       

      ヒメイワダレソウとは、庭用語で「グランドカバー」と呼ばれる“地面を覆う”役割をする植物のひとつ。

      上に伸びるのではなく、地面を這うように広がって生長していくので、クランジュールでも芝生の代わりに植えることがよくあります。

      芝生と同じく、冬になると葉が枯れて一旦茶色になりますが、春になると新芽が出てまた緑になる植物です。

       

      芝生と違う点は、

      ◎葉っぱが小さく丸い形なので優しい印象の見た目になる

      ◎花が咲く

      ◎チクチクしない

      といったところでしょうか。

       

      ナチュラルなお庭によく似合うのですが、かわいい見た目の割に生長が早く、その勢いは芝生よりもすごいのです。

      生長に適した陽当たりが良く水はけの良い土地だと、時々ハサミで伸びすぎた部分を切ってあげないとどこまでも広がっていってしまいます。

       

      その証拠画像がこちら↓

      水路の壁に向かってどんどんダイビング・・・

       

       

      不思議ですが、こういう状態になっても根っこは必要ないのでしょうかね・・?

      時々降る雨だけでこんなに立派に育っています。

       

      芝生に芝刈りが必要なように、このヒメイワダレソウにも適度なお手入れが必要です。

       

      お客様からの質問に「手間がかからない植物はありますか?」と聞かれることがありますが、

      「手間のまったくいらない植物」というものは無いと思っていただいた方が良いです^^;

       

      やはり生きているものなので、生長することもあれば枯れてしまうこともあります。

      人間も同じです。

      「髪のお手入れが大変なので、あまり髪が伸びないようにしたい」と言っても限界がありますよね。

      そして個人差もありますよね。

      たまにはカットしたりセットしたら見栄えも良くなります。

       

      庭もいつも綺麗な状態を保つには、少しの手間も必要・・ということになります。

       

      「庭も生きている」

      それを知っていただいた上で、ぜひ庭のある生活を楽しんで欲しいと願っています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      岡山の庭 広島の庭

      0

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         

        クランジュールガーデンデザインオフィスは庭のデザインから施工管理まで行う、

        いわゆる「庭屋さん」です。

         

        岡山市を中心に、周辺の市町村の庭づくりのご依頼をお受けして今年で8年目。

         

        クランジュールの本社はお隣の広島県にある「桃花家(ももはなや)」というお店なので

        庭づくりの仕事に就いたスタートは広島でした。

        そして8年前に岡山市に来て支店となるクランジュール(と略させていただきますね)を

        オープンしたのですが、庭づくりをするにあたって広島と岡山で決定的に違う点があります。

        それはなんでしょう・・?

         

        それは!〈土地の形状〉です。

         

        広島は土地の起伏が大きく、特に郊外の住宅地は山を切りひらいて団地にしているので

        坂道沿いに家が建っていることがよくあるのです。

         

        なので家を建て、庭を造るとなると【段差】や【勾配=斜面のこと】をまず考えなければいけません。

        玄関まで階段をつける、平たんな芝生のスペースを作るのに盛り土をして土地を上げる、など

        当然費用もかかってきます。

         

        一方、岡山の土地はとても平たん。

        特に岡山市内は平野が多いので、住宅の土地に斜面があんまり無い・・!

        というのが、岡山に来た最初の頃の印象でした^^

         

        平たい土地だと、傾斜地に比べて庭づくりにかかる費用がその分少なくて済みますね♪

         

        ただ、平たんだとそんなに手をかけなくても生活ができてしまうので

        お家を建ててもしばらくそのままというお宅が多いのも岡山なのです。

         

        家の中に動線や使い勝手があるように、庭にも動線や使い勝手があります。

        (もちろん見栄えも・・)

         

        クランジュールは、お庭の相談だけでも歓迎しております♪

        この庭、どうしたら良くなる? というデザインや予算のご相談は無料で承っています。

         

        イベントなどで無料相談の出店もしていますので、Facebookでお知らせをしています☆

        ぜひチェックしてみてくださいね〜

         

         

         

         

         

         

         

         


        | 1/1PAGES |

        トップページ
        コンセプト
        作品集
        デザイナー紹介
        ブログ
        ショップ情報
        お問合わせ
        tagawa@clumjure.com

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode